お洋服の装飾に使われているボタンを集めること

祖母は収集癖があったのか色んなものを集めていました。
コーヒーの瓶いっぱいのBB弾。
一升瓶3本分の一円玉。
中でも幼かった私の印象に残っているのが、大きなクッキーの缶にギッシリ詰められた、色とりどり、大小様々なボタンでした。
中には地味なものから、ゴテゴテ装飾のついた宝石のようなものまで本当に沢山ありました。
ふと、日常の何の気なしに過ごしている中で集めてみたらどれくらいどんな物が集まるのだろうとそんな疑問から、私もお煎餅の缶かんに集めてみることにしました。
スーツの予備のボタン、着ぐるみパジャマのボタン、冬物ジャケットのボタン、大きいもの、小さいもの、白いもの、黒いもの、キラキラしたもの、派手なピンクや黄色のポップなもの、、まだ1年ほどしか経ってませんが、30センチ四方の缶の底は見えなくなりました。
それでもまだまだ、祖母が集めていたボタンには遠く及びません。
そして、いまだに宝石の様なゴテゴテのボタンにはめぐり会えません。
祖母はどうやって手に入れてたんでしょうね(笑)医療脱毛 ワキガ