こんな時に限って良くないことは被るカタチ

朝から空模様も悪くて私の病状は実に悪かった。
取り敢えず昼間は横になって頭痛や体の辛さが薄らぐように努めていた。
でもそれは自力だったら丸ごと夕刻までなんだかんだこなせるけど、世帯は休むことができない。
夕御飯の調整をしようとやむを得ずあっという間に望める小松菜の煮びたしを作って一休み。
少し経ったらおアメリカ合衆国をセットして、惣菜用事に野菜を切っておく。
そしてまた一休み。
休んでいたら子供達が帰ってきたので、夕御飯の炊事を始めた。
ともかく炒めるだけにしていたからどうにかできたけれど、歯ごたえがおかしくなっていて長女に味見を頼んだ。
こうゆう時は味付けの感覚もおかしくなっているものでテーストが仕上がるのがひとときがかかった。
たまには乳児のおバスはダディに頼もうと先にご飯を食べさせていたら、ダディの帰還。
病状が悪いというと途端に機嫌が悪く陥る。
おバスを頼んでまた気持ちが乏しい。20場合頼んでも「すでにこうしたひとときと」ジリジリしだす。
子供達を怒鳴りつけておバスに入れてた。
こんな時に限ってダディの不機嫌さがのしかかって現れる。
体調は恐ろしいし、頑張ったひとときが何だったのかとむなしくなった。
あすはいい日になってと懇願してみた。キレイモ 9500円 無料