玄関がカビ臭くなる前の対策をご紹介します。

外出先から帰って玄関を開けた瞬間に、カビの嫌な匂いを感じたことはありませんか。

湿度の高い梅雨の時期や高温の日が続く夏の時期に履いた靴は、水分や汗を吸収したまま、下駄箱に片づけるとカビの餌食になってしまいます。

下駄箱のカビを防ぐには、どうすればよいのでしょうか。

下駄箱は普段からあまり開け閉めをする機会がないので、通気が悪く湿気が篭りがちになってしまいます。また、靴を詰め込み過ぎることや、たくさん収納するために仕切り板などで区切ってしまうと、ますます通気が悪くなります。

そんな下駄箱のカビが発生する対策として大切なことは、まず風通しを良くすることです。月に一回は、下駄箱の両側のドアを少し開けておくと良いでしょう。

またその時には玄関も開けておくと、カビ対策に効果的です。もし玄関を開けっ放しにすることが無用心であれば玄関用の網戸やネットを利用すれば安心です。

多くのご家庭で下駄箱は玄関に備えられているとは思いますが、玄関がカビ臭いとお越しになられたお客さんにも悪いイメージを与えかねません。そのような事態に陥らないためにも、靴を詰め込み過ぎない、月に一度は下駄箱のドアを開け通気を良くすることを心掛け、下駄箱のカビが発生しにくい環境を整えましょう。https://www.sleeekingenting.biz/musee-kuchikomi.html