若い世代に使い捨てカメラが大人気の理由とは

「写ルンです」という名前を聞いた時、年代によって返って来る言葉は全く異なると思います。

若い世代は「何それ」でしょうし、ある程度歳を重ねている方なら「懐かしい」と思うでしょう。

私は懐かしいと思う世代で、最後にこれを使ったのは、多分20年以上前です。

写ルンですは、使い捨てカメラの商品名です。

カメラと言えば、昔はこれが当たり前で、旅行前にコンビニで買いました。

それがデジカメにとって変わり、ガラケーのカメラに移り、今ではスマホでの撮影が当たり前になりました。

使い捨てカメラの存在など、皆忘れているでしょう。

それが今、10代20代の女の子たちに大人気なのです。

きれいに撮れて手軽なスマホがあるのに、なぜ使い捨てカメラなのでしょうか。

その理由は、ずばりアナログだからです。

彼女たちにとっては、その工程が新しいのです。

スマホほどきれいに撮れないところ、現像しないと何が写っているか分からないところ、撮れる枚数に限りがあるところ、これが魅力なのだそうです。

このどれもが、スマホでは味わえないドキドキになっているのでしょう。

パシャッと撮って、その場で画像を確認して、失敗したら消して、また撮り直して。

そんなスマホと違って、写真を撮る瞬間を大事にしたり、後から現像する楽しみがあったり、これが今を大事にしたいと思うことにつながっているのかもしれません。

大掃除をした時、普段開けない引き出しの奥から、数十年前の写ルンですが出てきたことがありました。

そこには、大学生の頃に所属していた軽音楽部の最後のライブの様子や卒業式での記念撮影が収められていました

まるでタイムカプセルを開けたような気持ちになりました。アコム キャッシング