息子のお弁当はいつも見栄えのいい物を持たせたいという見栄っ張りな母です

買い物に行かずしてご飯が出来た時ほど喜びを感じる時はありません。昨日がまさにそんな日でした。
どうにか家にある物で!と冷蔵庫や冷凍庫の中身を引っ張り出して完成したのです♪メインがベーコンエッグというのもたまにはいいと思うし、隣に冷食の煮物を添えれば見かけだけはよくなるし。半端野菜しかなかったけどお味噌汁も出来上がりました。後は食卓に鮭フレークや買い置きの佃煮、ふりかけなんかを出せば何となく量があるように見えたりして(^^;)
「今日は財布の中身が1円も減らなかったわ」と達成感いっぱいで就寝しようとした時に一気にどん底に落ちるような事が起きたのです。それは息子からの一言。「明日、学学校あるからお弁当いるよ」って…。「そんなこと聞いてないよ」と涙声で言うと「今言ったじゃん」…確かにその通りだ。でも朝方言われるよりはいくらかはマシだけどこんな日のこんな時間に言われてもなー。
そして翌朝。前日にもマシて空っぽに近い冷蔵庫の中身で頭を悩ませて作った究極のお弁当は『チャーハン弁当』。息子は何を入れても文句も言わずに食べてくれるけど親としてプライドもあるんです…ちょっとだけど(^^;)
このとてもきつかった数時間で、節約はいいけど冷蔵庫が空になることは避けるべきだという教訓を得ました。今日は激安スーパーまで出向いて我が家の冷蔵庫を満帆にしたいと思います。http://www.susanwalsh.org/