派手な柄のスポーツブラは、見せるものなのか?

ホットヨガのレッスンを受けに自宅近くのスタジオへ行ったときのことです。女性インストラクターを見て、目が点になってしまいました。インストラクターの上半身は、アンダーアーマーの派手な柄のスポーツブラだけ。上にシャツやタンクトップを着ていないのです。同性ながら見ていて恥ずかしく、目のやり場に困りました。
実は、インストラクターが身に着けていたのと同じ型で、柄の違うスポーツブラを私は持っています。私がそのブラを着けるときには必ず上にシャツを着るので、ブラを見せるとか、上に何も着ないで運動するといった発想は全くありません。
しかもスタジオはスポーツジムに併設されているので、スタジオ内は女性限定でも外に一歩出れば、ジムを利用する男性の目があります。
たぶんインストラクターは、派手な柄のスポーツブラを、見せてもよいハーフトップのような感覚で身に着けているのでしょう。だから私が目のやり場に困っても、もしかするとインストラクター本人は「恥ずかしい」という自覚がないのかもしれません。

ここ数年に日本の四季は、四季らしくない。

皆さんは四季の移ろいについて、どう感じているでしょうか。私は四季らしい四季がなくなってきたなと思います。
そもそも『爆弾低気圧』『ゲリラ豪雨』といった表現が出てきたのはここ数年ですし、集中豪雨にしても降り方が亜熱帯地域のような、物凄い降り方をすることも20年くらい前はあまりなかったように思います。また梅雨と言えば、細い雨がシトシトと降り続いていて紫陽花が似合うような時季だったはずですが、気温の上下が定まらないうえに梅雨自体があっという間に終わってしまい、そして真夏日となると40℃近い日々が連日連夜ということで、暑さと寒さの極端さは感じられますが四季の移ろいや風情的な感覚はなくなってしまったなと思うのです。
しかし、これまでは過去から現在に遡って話をしてきましたが、問題は現在から未来に向かっての気候は果たしてどうなってしまうのかと考えるだけで、少し恐ろしくなってしまいます。ここ20年くらいでこんなに変わってしまったのですから、20年後はどんなにかと思うと恐ろしいですよね。http://www.jinghonghj.com/entry2.html