印刷できなくなったので新しいプリンターを購入しました

プリンターにサービスセンターに連絡してください、との文字が出て印刷ができなくなりました。どうも、どこかにインクが貯まってそれが限界を超えたようです。調べたところ、部品を交換するのに3日から1週間かかり、費用は1万円くらいだそうです。
部品を交換すればまた使用できるのですが、費用が1万円はちょっと高いですね。プリンターは、本体は安く、インクは高く、という戦略で、プリンター本体はとても安く販売されています。さすがに1万円じゃ本体は買えませんが、それでも2万円でお釣りがくるくらいの費用で、新品のプリンターが購入できます。
しかも、プリンターの修理対応は、6年間のようで、来年以降は同じ故障があっても修理できなくなります。
それだったら新しいプリンターを購入したほうがいい、ということになり、プリンターを購入しました。
新しいプリンターは、やはり新しいだけあって調子はいいのですが、また5年後くらいには、同じことになるのでしょうね。なんか、未来永劫プリンターを買い替えるように気がします…。https://www.stmaryschoolmattoon.org/musee/musee-tenpo.html

コードレスのBluetoothイヤホンを使っています

運動しているときなどiPhoneにイヤホンを付けて音楽を聴くのですが、最近コードレスのBluetoothイヤホンを使うようになりました。普通の有線のイヤホンは、やはり、運動しているときはコードが邪魔で、手や腕をコードにひっかけて、そのはずみでiPhoneを床に落としてしまうこともよくありました。コードレスのBluetoothイヤホンは、当然そんなことはなく、とても快適です。
ただ、コードレスのBluetoothイヤホンですが、なぜかマイクと通話機能が必ずついています。普段はLINEなどで連絡して、音声通話で話すことはめったにないので、コードレスのBluetoothイヤホンの通話機能は全く使用しません。前に、なぜかコードレスのBluetoothイヤホンからリダイヤル発信して、電話するつもりはないのに電話してしまったことがあったので、むしろコードレスのBluetoothイヤホンの通話機能は邪魔でしかありません。
コードレスのBluetoothイヤホンは、世の中にたくさんあるのですが、なぜかほとんどのコードレスのBluetoothイヤホンに通話機能が付いています。なにか理由があるのでしょうか?よくわかりません…。